生ごみの減量・リサイクル

 生ごみは分別し、少し手を加えるだけで有機資源として活用でき、庭や畑で花や野菜の堆肥として利用できる一方、ごみの減量化によりごみ処理経費の削減にもなり、さらにはごみ処理施設から排出される二酸化炭素の温室効果ガス排出量の削減、いわゆる地球温暖化防止にもつながります。

 そこで、本市では資源循環型社会の実現に向け、生ごみを分別・堆肥化し、花や野菜の栽培に利用していくためのシステムづくりに取り組んでいます。

 そして、その土からきれいな花を咲かせ、本市に住んでいる皆さんの心が癒されるような「花いっぱいのまちづくり」を支援していきます。

橋本市の取り組み

 市内では、家庭から出る生ごみを生ごみ処理機やコンポスト容器で減量・堆肥化し、家庭菜園や花づくりに利用しています。
 さらに多くの人に生ごみの減量・堆肥化に取り組んでもらうため、また、生ごみ減量・堆肥化を通じ「花いっぱいのまち」にするため、次の支援をしています。

  1. 生ごみ処理機・容器の購入補助制度
  2. 生ごみ堆肥化容器等の無料貸し出し
  3. 花と緑のリサイクル事業

1. 生ごみ処理機器の購入補助制度

一般家庭から出される生ごみの減量化や再資源化を推進し、ごみの減量に対する意識の向上を目指して、生ごみ処理機器を購入し設置する者に対し、「橋本市生ごみ処理機器購入補助金交付要綱」に基づき補助金を交付します。

生ごみ処理機

○補助の対象

生ごみ処理機(電気式・手動式)
コンポスト容器
  

○補助率

購入額(消費税額含む)の2分の1(ただし、上限3万円)

(※可燃ごみ収集 週1回地区にお住いの世帯で田畑(居住の区域内)を所有していない場合は補助率が優遇されます。)

○必要書類

申請書請求書保証書(購入した店舗の角印が押していること)・領収書

※インターネットでの購入の場合の注意点

保証書に購入店の証明(販売店名や会社名)がない場合は補助の対象になりません。インターネットで購入した場合、販売会社が保証書に販売店名や会社名を記載しないケースもあるのでご注意下さい。また、インターネット購入時の送付状の写しも提出してください。

中古品は補助の対象になりません。

生ごみ処理機保証書

生活環境課に電気式生ごみ処理機の乾燥堆肥を回収するボックスを置いていますので、ぜひご利用ください。また、生ごみ乾燥堆肥が欲しい方にお渡しさせていただきますので、生活環境課にお越しください。

2. 生ごみ堆肥化等容器の無料貸し出し

生ごみ減量・リサイクル(堆肥化)に必要な資材のほとんどを無料で貸し出します。まずはチャレンジしてみませんか!

発砲スチロールとウグラン

○発砲スチロール式容器とウグラン(杉のおがくず)

 発泡スチロール式容器にウグラン(杉のおがくず)とEMボカシを混ぜた分解床の中に生ごみを入れて混ぜ、生ごみを分解します。

特徴:生ごみが水蒸気と二酸化炭素に分解されるため、毎日生ごみを入れ続けても容器から生ごみがあふれません。

 おすすめ:マンションや住宅地など。

容器や分解床の作り方の詳細は下記をご覧ください。

EM容器とEMぼかし

○EM容器とEMぼかし

 水抜き機能のついた専用の容器に生ごみを投入する度にEMぼかし(微生物の粉)を振りかけます。

 腐敗臭を防ぎながら漬物のような状態に発酵させます。溜まったEMぼかしの混ざった生ごみは畑の土としっかり混ぜると堆肥として利用できます。

 特徴:1~2週間生ごみを溜めても腐敗臭はしません。(漬物のような匂いです。)

 おすすめ:畑や家庭菜園のある家庭など。

大型コンポスト容器

○大型コンポスト容器

 畑に置く大型のコンポスト容器です。生ごみと畑の土や草を交互に入れ、微生物の力で生ごみを堆肥化します。畑の草等を入れておくだけで、半年ほどかけゆっくり堆肥化できます。

 おすすめ:畑のある家庭。

3. 花と緑のリサイクル事業

○花と緑のリサイクル事業補助金

ごみの減量及びリサイクルを推進するため、区・自治会が実施する生ごみ堆肥を活用した花・木の植栽事業に対し、補助金を交付。

○フラワーロード整備事業

市道や線路沿いの花壇等に花を栽培している団体・グループに対して、生ごみ堆肥の提供等を実施。

お問い合わせ

橋本市 水道環境部 生活環境課
〒648-8585
和歌山県橋本市東家一丁目1番1号
電話:0736-33-1111(代) ファクス:0736-33-1665
問い合わせフォーム