行方不明になるおそれのある人に「見守り・安心シール」を配布します

高齢者等見守り・安心ネットワーク事業とは

認知症などにより行方不明になるおそれのある人を事前に登録していただき、登録内容を警察や消防本部と情報共有することにより、迅速に対応できるようにするための事業です。

行方不明者が発生した場合は、協力機関や市民の皆さまにも行方不明者の情報を広く提供し、心当たりがあれば連絡をいただくことで早期発見につなげます。

「見守り・安心シール」を配布します

見守り・安心シールを衣類や持ち物に貼っておくことにより、行方不明になった際に、発見者がスマートフォン等でQRコードを読み取り、表示された伝言板サイトから発見場所などを入力すると、保護者(介護者)あてにメールが自動送信されます。
 発見者と保護者は、伝言板サイトを介して24時間365日、直接やり取りができるため、保護者は素早く迎えに行くことができます。発見者と保護者は、ご自分の住所や電話番号などの個人情報を知らせる必要はありません。

利用イメージ
イメージ
見守り・安心シール
ラベルシール

見守り安心シール見本

(2.5cm×5cm)

このQRコードを読み取ってみてください。見守り安心シールの説明が動画で流れます。

配布枚数
  • アイロンで衣類などに貼るシール 20枚
  • 蓄光シール  10枚
シールの具体的な活用方法

見落とし防止に目に付きやすいところに複数枚貼ってください。

イメージ1
イメージ2
イメージ3

登録の手続き

対象者

市内在住の認知症などにより行方不明になるおそれのある高齢者など

費用

費用は、無料です。

申請に必要なもの

下記の様式に必要事項を記入・押印の上、いきいき健康課へ直接お持ちください。

<その他添付資料>

対象者の写真(概ね1年以内に撮影した上半身と全身写真) 

見守り・安心シールを貼った高齢者等を発見した方へのお願い

衣類や持ち物などに、見守り・安心シールを貼った高齢者等が、ひとりで歩いていたり、道に迷っているようであれば、やさしく声をかけてください。
スマートフォン等でQRコードを読み取り、表示された伝言板サイトから発見場所などを入力すると、保護者(介護者)あてにメールが自動送信されます。アクセスしたことで、発見した方の電話番号やメールアドレスなどの個人情報が漏れることはありません。また、QRコードが読み取れない場合は、最寄りの警察署(110番)またはいきいき健康課(地域包括支援センター)にご連絡ください。

イメージ
留意事項

平成28年6月~令和2年5月に配布済みの下記のシールは、伝言板サイトにアクセスしません。

シールに記入されている登録番号を伝えていただくと、事前登録しているご家族に警察署やいきいき健康課から連絡を取ることができます。

 

旧シール

お問い合わせ

橋本市 健康福祉部 いきいき健康課(地域包括支援センター)
〒648-8585
和歌山県橋本市東家一丁目1番1号
電話:0736-33-1111(代) ファクス:0736-34-1652
問い合わせフォーム