15.オストメイト対応トイレ

更新日:2019年11月28日

市および県などの公共施設にオストメイト対応トイレを設置しています。

オストメイトとは?

 病気などが原因で腹壁に人工肛門、人工膀胱を持つ人の国際的な名称。

 オストメイトの方は便意や尿意を感じたり、我慢することができないため、便や尿を溜めておくための袋(パウチ)を装着しています。

オストメイトマークとオストメイト対応トイレ(写真)

オストメイトマーク
オストメイト対応トイレ

オストメイトの方が困っていること

・汚れた補装具(パウチ)や衣服、身体を洗う設備がない。

・冬場、腹部を洗いたいのに水しかでない。

・設備がないため外出を控える。

 

 障がい者の社会参加を促進するため、市などの公共施設において、オストメイト対応のトイレを設置しています。

 設置場所は下記(PDFファイル)のとおりです。お気軽にご利用ください。

(施設によっては休館等によりご利用できない場合もありますのでご注意ください。)

オストメイト対応トイレ設置施設マップ

お問い合わせ

橋本市 健康福祉部 福祉課
〒648-8585
和歌山県橋本市東家一丁目1番1号
電話:0736-33-1111(代) ファクス:0736-32-2515
問い合わせフォーム