所得税、住民税の軽減

所得者本人が母子(父子)家庭で一定の要件に該当する方は、所得税や住民税の算定にあたり寡婦(夫)控除が受けられます。

所得税については、税務署へお問い合わせください。
住民税については、市役所税務課へお問い合わせいただくか、下記リンクをご覧ください。

寡婦控除

  • 夫と死別し、または離婚した後婚姻していない人や夫の生死が明らかでない人で、扶養親族又は前年の総所得金額等が38万円以下の生計を一にする子(他の人の扶養になっていない子)がある人
  • 夫と死別した後婚姻していない人や夫の生死が明らかでない人で、前年の合計所得金額等が500万円以下の人)

控除額は

26万円

ただし、前年の合計所得金額が500万円以下で、扶養親族である子を有する人は30万円

寡夫控除

妻と死別し、または離婚した後婚姻していない人や妻の生死が明らかでない人で、前年の総所得金額等が38万円以下の 生計を一にする子があり、前年の合計所得金額が500万円以下の人

控除額は

26万円