母子・父子・寡婦福祉資金

母子・父子・寡婦福祉資金は、母子家庭や父子家庭、寡婦家庭の方の経済及び就業支援のための貸付制度です。
申請されても審査により貸付できない場合があります。
将来ご返済いただく制度ですので、無理の無い借入・返済計画を立てて下さい。

貸付の種類

就学支度資金

お子さまの入学に際し必要となる被服の購入や入学金等に充てる資金に対する貸付です。

修学資金

お子さまが高校・大学等の修学において必要となる授業料・教科書代・通学費等に充てる資金に対する貸付です。

※上記の他にも貸付制度があります。
貸付の限度額、償還期間、利子などについては和歌山県のホームページをご覧ください。

申し込みについて

母子・父子・寡婦福祉資金貸付申請書に必要書類を添えて、こども課の窓口まで提出してください。

その後、伊都振興局(橋本保健所)にて面接をおこなった後、貸付の可否が決定されます。

注意点

  • 貸付の申し込みの前に事前にこども課でのご相談が必要です。
  • 貸付の種類により連帯保証人をつけなくても貸付が可能な場合があります。
  • 連帯保証人をつけられない場合、有利子での返済になります。

お問い合わせ

橋本市 健康福祉部 こども課
〒648-8585
和歌山県橋本市東家一丁目1番1号
電話:0736-33-1111(代) ファクス:0736-33-1667
問い合わせフォーム