国民年金給付の種類

老齢基礎年金

老齢基礎年金は、国民年金の加入者であった方の老後の保障として給付され、65歳になったときに支給されます。

老齢基礎年金は、保険料納付済期間(厚生年金保険や共済組合の加入期間を含む)と保険料免除期間などを合算した資格期間が、10年以上ある場合に、終身にわたって受け取ることができます。

障害基礎年金

 *以下のすべてに当てはまること
・国民年金に加入している間に初診日がある病気やけがで障がいの状態になったとき。ただし、60歳以上65歳未満で日本に住んでいれば、加入をやめた後の病気やけがによるものでも、受給できます。
 また、20歳前の病気やけがによるものでも受給可能です。
・障害認定日(初診日から1年6カ月を経過した日)に、障がいの程度が国民年金法で定める1級または 2級である。
・一定の保険料納付要件を満たしている。

遺族基礎年金

国民年金に加入中または老齢基礎年金の受給資格を満たした人が死亡したとき、その人に生計を維持されていた「子のある配偶者」または「子」に支給されます。
(注)この場合の子とは18歳になって最初の3月31日までの子、または20歳未満で
        1級、2級の障害のある子のことをいいます。

《年金が受けられる要件》 
 次のいずれかに該当する人が死亡したとき。
1. 国民年金の被保険者であること。
2. 国民年金の被保険者であった人で、日本国内に住所を有し、60歳以上65歳未満
     であること。
3. 老齢基礎年金の受給権者であること。
4. 老齢基礎年金の受給資格期間を満たした人であること。

なお、納付状況や所得によって受けられない場合があります。

寡婦年金

寡婦年金は、国民年金第1号被保険者(任意加入被保険者を含む)の保険料納付済期間と保険料免除期間が合わせて10年以上ある夫が死亡したときに、夫によって生計を維持され、かつ、夫との婚姻関係(事実婚含む)が10年以上継続している妻が、60歳から65歳になるまで受け取ることができます。

死亡一時金

死亡一時金は、国民年金の第1号被保険者として保険料を納めた月数が36月以上ある方が、老齢基礎年金・障害基礎年金を受けることなく亡くなったときは、その方と生計を同じくしていた遺族(1配偶者2子3父母4孫5祖父母6兄弟姉妹の中で優先順位が高い方)が受けることができます。

※詳しくはこちら

お問い合わせ

橋本市 健康福祉部 保険年金課
〒648-8585
和歌山県橋本市東家一丁目1番1号
電話:0736-33-1111(代) ファクス:0736-33-1665
問い合わせフォーム