現在の位置

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について

 内閣官房から、弾道ミサイルが日本に落下する可能性がある場合にとるべき行動について、情報提供がありましたのでお知らせします。

弾道ミサイル発射直後の情報伝達

・弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。

・ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、Jアラートを活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により、緊急情報をお知らせします。

メッセージが流れた際、直ちにとるべき行動について

【屋外にいる場合】

・近くの建物(できればコンクリート造り等頑丈な建物)の中又は地下(地下街や地下駅舎などの地下施設)に避難する。

・近くに適当な建物がなければ、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る。

 

【屋内にいる場合】

・できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。

 

 詳細については、下記国民保護ポータルサイトをご覧ください。

国民保護ポータルサイト

国民保護ポータルサイト(英語版)

お問い合わせ先
橋本市 危機管理室
〒648-8585
和歌山県橋本市東家一丁目1番1号
電話:0736-33-1111(代) ファクス:0736-33-1665
問い合わせフォーム

橋本市ホームページの使い方・考え方個人情報保護ポリシーウェブアクセシビリティについて著作権・リンクサイトマップ