先輩移住者 辻本さん

先輩移住者

 

Uターン
前住所:大阪府
しごと:農家

FB:根っこ農園

 

 

 

 

農業をはじめようと思ったきっかけは?

農業風景もともと第一次産業に興味があり、その中でも農業に興味がありました。自分の食べるものは自分で育てられるようになりたいと思い、やるなら、農薬や化学肥料を使わない大地もよごさないようなやり方をとりたいと思っていました。大阪市でのサラリーマンをやめ、和歌山県紀の川市でピザ屋と野菜作りなどをしている米市農園で研修を受けました。米市農園では、農業以外にも建築や料理を作ったりと、農を中心とした生活全般について身をもって学べました。それらに携わることにより改めて農家になりたいと思いました。

橋本暮らしは?

先輩移住者畑では、多品目栽培で季節のお野菜を育てています。現在約30世帯に“根っこ農園”の野菜セットを届けたり、飲食店、業者への卸販売、マルシェなどイベントでの直売などをしています。色々な場所で野菜を通じて、素敵なご縁をいただいたり、「お野菜がほしい」と家に電話がかかってきたりすると本当にうれしいです。また、つらかったこともたくさんあり、例えば技術的なこともありますが、栽培方法などで理解が得られないところもあります。しかし、お客様、家族、ご近所の方々などみなさんに支えられて生かされています。ありがたいことです。

1人目の子どもが5ヶ月の時に今の家に引っ越しをし、農業生活が本格的にはじまりました。子どもも小さかったので農業・古民家生活の慣れない環境は大変でした。でも、忙しい毎日の中、夫が作った採れたてのお野菜がすごくおいしくて、感動しながら食べていました。ご近所の方々も本当に良くしてくれて何も知らない私たちに親切に畑のこと、暮らしのこと、お料理のことなどいろんなことを教えて下さりました。そんなご近所の方々の関わりや自然いっぱいの環境が心の支えになりました。

農業で生活するのは大変ですが、試行錯誤しながら自分たちのスタイルをみつけ楽しく生活していきたいです。

これからのビジョンは?

“根っこ農園”のお野菜をもっと多くの方に知って頂きたいです。自然感を養って、いいお野菜をたくさん育てられるようになりたいです。現在主力でトマトを無肥料で栽培していますが、あと1~2種主力になる作物を育てたいと考えています。

移住される方へのメッセージ

橋本市は大阪市や和歌山市へのまちにも比較的近く、空気よく住みやすいと思います。移住される方は移住先のコミュニティのことをある程度知った上で移住されたらよいと思います。自分の地域では同世代の新規就農された方がいるのでとても心強いです。地域で住んでいくので、地域の方にいろいろ教わりながらやっていけば心配ありません。

このページに関するお問い合わせ先

橋本市 経済推進部 シティセールス推進課
〒648-8585
和歌山県橋本市東家一丁目1番1号
電話:0736-33-1111(代) ファクス:0736-33-1665
問い合わせフォーム