旧葛城館

旧葛城館

旧葛城館

JR和歌山線高野口駅前に建つ木造三階建ての旅館建築です。明治34年(1901)、当地に紀和鉄道の名倉駅が設置され、高野山への参詣登山に便利であったことから、明治36年には駅名を高野口駅に改称、駅前には十数軒の旅館が建ち並んだといいます。高野登山口の駅を象徴するかのように寺院建築を彷彿とさせる木造三階建ての旅館2軒が駅前を占め、その一方が今日に残るこの葛城館です。建築時期を記す資料は残されていませんが、名倉駅開業以降の早い時期、明治時代後期の建築と推定されています。

 入母屋造、桟瓦葺で、3階本屋根には千鳥破風と軒唐破風が付き重厚さを感じさせます。庇は銅版葺、正面と東面の2・3階は総ガラス建具となっており、屋根の重厚さと総ガラス建具の軽快さが不思議な調和をみせています。玄関にはかつての常連客が残した看板が残され、当時の賑わいがうかがえます。

 大正14年(1925)、南海鉄道が南下して現在の高野下駅まで開通させると、高野口駅からの高野登山客は次第に減少し、それとともに高野登山口としての役割を終えていくことになります。

 現在、旅館は営業していませんが、平成24年度に保存修理が行われ、今も高野口駅前にあって、かつての賑わいを今日に伝えています。

お問い合わせ

橋本市 橋本市教育委員会 生涯学習課
〒648-8585
和歌山県橋本市東家一丁目1番1号
電話:0736-33-3704 ファクス:0736-33-2657
問い合わせフォーム