食品ロス削減を考えるシンポジウムを開催しました!

更新日:2021年12月23日

令和3年10月24日、橋本市教育文化会館2階大ホールにて、食品ロス削減を考えるシンポジウムを開催しました。

食品ロス問題ジャーナリストの井出留美さんを講師として迎え、食品ロス問題について、わたしたちができることについてわかりやすくお話しいただきました。

このシンポジウムは、オンライン配信も同時に行いました。

講演会に先立ち、市長が挨拶を行いました。市民のみなさまとともに、SDGsの達成に向け、サスティナブルな橋本市実現を目指すことを宣言しました。

挨拶を行う市長

橋本市の消費生活サポーター「くらし応援隊」による、SDGsの取り組みに関する発表が行われました。日頃から何気なく取り組んでいることがSDGs達成に寄与していることを、わかりやすく伝えてくださいました。

くらし応援隊の発表

食品ロス問題ジャーナリストの井出留美さんによる基調講演『最新事情から学ぶ 食品ロスをなくす方法 ~SDGs達成と持続可能な社会の実現に向けて~』が行われました。世界や日本の食品ロスの最新事情や、食品ロス問題が世界に及ぼす影響についてわかりやすく説明していただくとともに、わたしたち一人ひとりが実践できる取り組みを紹介していただきました。

井出留美さんの基調講演

パネルディスカッションを行いました。それぞれのお立場から、食品ロス削減に関する取り組みや想いをお話しいただきました。パネラーは、以下の皆様です。

・井出留美さん(食品ロスジャーナリスト)

・平木哲朗さん(橋本市長)

・花谷 享さん(橋本市衛生自治会)

・玉井勝代さん(橋本市こども食堂連絡協議会)

・大西輝幸さん(JA紀北かわかみファーマーズマーケットやっちょん広場店長)

パネルディスカッションの様子
井出留美さん
平木市長
花谷享さん
玉井勝代さん
大西輝幸さん

シンポジウム終了後には、食品ロス削減をテーマにした映画『もったいないキッチン』の上映会を行いました。捨てられてしまう食品を救済して食材として利用し、おいしい料理を作りながら日本を旅するストーリーで、食品ロス削減を身近に感じることができました。

当日、シンポジウムにご参加いただいた皆様、開催にご協力くださったボランティアの皆様、ご出演いただいた皆様、ありがとうございました。

アンケート結果

ご参加いただいた皆様に、アンケートにご協力いただきました。結果は以下のとおりです。ご協力をありがとうございました。

お問い合わせ

橋本市 総務部 市民課(消費生活センター)
〒648-8585
和歌山県橋本市東家一丁目1番1号
電話:0736-33-1111(代) ファクス:0736-32-3041
問い合わせフォーム