低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)について

更新日:2021年04月15日

新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、低所得のひとり親・ふたり親子育て世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、食費等による支出の増加の影響を勘案し、子育て世帯生活支援特別給付金を支給します。

※ひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯への給付金については、国において方策を検討中。

【支給額】

児童1人あたり一律5万円

【対象者】

18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある児童(障がい児の場合は20歳未満)を監護する、下記のいずれかに該当する者

(1)令和3年4月分の児童扶養手当の支給を受けている者

(2)公的年金を受給していることにより、令和3年4月分の児童扶養手当の支給を受けていない者

(3)令和3年4月分の児童扶養手当は受給していないが、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている者

【給付金の支給手続き】

(1)令和3年4月分の児童扶養手当の支給を受けている者

申請は不要です。

※対象者には4月下旬に案内文を送付しております。

支給は、5月11日(火)以降に児童扶養手当を支給している口座へ支給予定です。

※給付金を拒否する場合は、届出が必要になるので、必要事項を記入の上、令和3年4月30日(金)までお問い合わせください。

(2)公的年金を受給していることにより、令和3年4月分の児童扶養手当の支給を受けていない者                          

申請が必要です。

申請書に必要事項を記入の上、必要書類を添付して提出してください。ただし、必要に応じて追加で書類を求める場合があります。

(3)令和3年4月分の児童扶養手当は受給していないが、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている者

申請が必要です。

申請書に必要事項を記入の上、必要書類を添付して提出してください。ただし、必要に応じて追加で書類を求める場合があります。

関連情報

お問い合わせ

橋本市 健康福祉部 こども課
〒648-8585
和歌山県橋本市東家一丁目1番1号
電話:0736-33-6102 ファクス:0736-33-1667
問い合わせフォーム