橋本市農業振興条例ができました。

更新日:2021年04月09日

市民全員で農地と里山を次世代に

 橋本市は、山林の中に美しい田畑が広がる自然豊かなまちです。市では、この豊かな自然環境を守っていくため、農業者と共に、農地の保全や農業の振興に取り組んでいます。しかしながら、農業の担い手不足や耕作放棄地の増加などの課題を解決していくためには、農業者だけではなく、市民全体で農地と里山を守っていくという意識改革が必要です。

 このたび、将来にわたって農業を守っていくため、包括的に農業振興と地域づくりに取り組むための基本方針や支援施策を定めた和歌山県下で初となる「橋本市農業振興条例」を制定しました。

農業振興条例ができました

棚田

農業基本条例を策定するにいたった背景

・市内農地の約2割が遊休農地・荒廃農地

 橋本市の総面積約1万3,000ヘクタールのうち、約2,000ヘクタールが農地です。

 市内の農地は、高齢化による労働力の減少や農業者の所得減少などが原因で、年々耕作面積が減少し、全体の約2割にあたる371ヘクタールが耕作されていない遊休農地・荒廃農地となっています。

 本市で昨年実施した「将来の地域農業に関するアンケート」によると、農地の6割は70歳以上が所有しており、全体の3分の1は後継者の目処がたっていないという状況でした。

 これらのことを考えると、数年後には、市内の農地の多くが耕作放棄地になってしまう恐れがあります。

・他人事ではない農業の役割

 農業に直接関わりがない人たちにとって、農地が荒れてしまうことは、あまり関心がないかもしれません。しかし、町中でイノシシやアライグマなどを見かけたり、雑草が原因の花粉症になったりすることは、荒廃農地が増えていることが一因といわれています。

 農地には農産物を生み出す役割だけでなく、「多面的機能」というさまざまな動植物にとって「恵み」となる大きな役割があるのです。

農業振興条例の趣旨

 市の現状と課題を踏まえ、農業および農村の振興に関する取組みの基本理念や補助事業などを定めるとともに、行政、農業者、市民などの役割を明らかにすることで、農業振興や地域づくりを進めます。

条例の基本理念

・農業について

 農業は、私たちの生命を維持するために欠くことができない食料を供給する産業です。本条例では、農地や農業用施設、その他の農業資源、農業の担い手を確保し、本市の特性に応じて、これらが効率的に組み合わされた生産構造の確立を目指します。また、安全かつ安心な農産物が供給されるよう、農業を将来にわたって持続的に発展させることを目標としています。

・農村について

 農業者を含む地域住民が、生活を行なっている場所で農業を営むことにより、持続的に農業を発展させることができます。そのことから、本条例では、農業が持っている農産物の供給機能や、私たちの生活に「恵み」をもたらす多面的機能が十分に発揮されるよう、その振興を図ることを目標としています。

農業におけるそれぞれの役割

市民の役割

  • 農業および農村が果たす役割について理解を深める。
  • 地産地消(地元で生産されたものを地元で消費する)を通じて、農業および農村の振興に協力するように努める。

農業者の役割

  • 農地を適正に維持管理し、安全かつ安心な農産物を供給する。
  • 自らが主体となって農村における地域づくりを実践することにより農業や農村の振興に取り組むように努める。

行政の役割

  • 農業者などが地域において一体となり、地域の特色を生かして安定した地域農業を確立できるように支援に努める。
  • 農地利用の集積・集約化や、担い手の確保に協力。

農業の大切さを見つめなおす

 「橋本市農業振興条例」の制定により、市民と農業者が協力して農地を守り、共に実りを味わえる生活の実現を目指します。また、土づくりや、生産管理の仕組みづくり、良質な農地の貸し借りをしやすくして、新規就農者や兼業農家が耕作を始めやすくなるような事業を展開します。これにより「紀州てまり」や「高野山麓精進野菜」などの地域ブランドが育成されます。加えて、都市農村交流を拡大することで、就農者や移住者の増加を図ります。農業は食料を供給する役割だけでなく、その生産活動を通じ、山や川、生命の保全、良好な景観の形成、文化の継承など、さまざまな役割を果たしています。私たちの暮らしを豊かにしてくれるこれらの機能を未来へつないでいくために、もう一度農業について考えてみませんか。

 また、本条例では、農業を支援するさまざまな施策を定めています。

条文

農業振興条例に基づく補助制度について

広報令和3年4月号に補助制度について紹介しております。

お問合せ・申し込みについては、農林振興課(0736-33-6113(直通))までご連絡ください。

お問い合わせ

橋本市 経済推進部 農林振興課
〒648-8585
和歌山県橋本市東家一丁目1番1号
電話:0736-33-1111(代) ファクス:0736-33-1665
問い合わせフォーム