大河ドラマ「いだてん」第6弾で橋本市名誉市民前畑秀子がドラマに登場することが発表されました

 平成31年4月24日、現在放送中の2019年大河ドラマ「いだてん」の出演者発表第6弾があり、橋本市名誉市民で日本女性初のオリンピック金メダリスト前畑秀子がドラマに登場することが発表されました。

 前畑さんは、1936年開催のベルリンオリンピック水泳女子200m平泳ぎで日本女性初となる金メダルを獲得し、その偉業に全国民が歓喜しました。当時の国民的ヒロインとなった前畑秀子役は、現在テレビドラマ・CMにも多数出演している女優「上白石萌歌(かみしらいしもか)」さんが演じることとなりました。

 大河ドラマで前畑さんが取り上げられることにより、橋本市の知名度が上がり、今後ますます観光客の誘致や地域産業の活性化につながることを期待します。

前畑登場決定