現在の位置

風しんワクチン接種緊急助成事業について

 

風しんワクチン接種緊急助成事業のお知らせ

~生まれてくる赤ちゃんを守るために~

 

平成25年度より、生まれてくる赤ちゃんを風しんから守るために、「和歌山県風しんワクチン接種緊急助成事業」として、風しん予防接種にかかる費用の助成を実施しています。

今回、平成28年度も引き続き風しん予防接種の助成事業を実施することが決定しました。

妊婦が風しんに感染すると、生まれてくる赤ちゃんが「先天性風しん症候群」にかかる可能性が高くなります。それを未然に防ぐためにも、この機会に風しん予防接種を受けませんか?

1.対象者 

橋本市に住民登録している

  • 19歳以上50歳未満の妊娠を希望する女性
  • 妊娠している女性の配偶者(婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係にある方を含みます)

※妊婦の方は接種できません。また、接種後2か月間は避妊が必要です。

2.助成の対象となる接種期間

平成28年4月1日から平成29年3月31日

※平成28年3月31日以前に接種した方については対象になりません。

3.助成対象ワクチン

1.風しん単独ワクチン

2.麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)

4.助成額(接種1回限り)

10,000円を上限とします

  ※ ただし、予防接種費用額が10,000円に満たない場合はその額とします。

    また、10,000円を超える額については自己負担が発生します。 

5.接種方法

  1. 接種を希望される方は、前もって健康課にご連絡ください。対象者であることを確認した接種券を発行します。
  2. ワクチンの準備がありますので、事前に医療機関へは予約をしてください。接種の際は、健康課から発行した接種券を持参ください。
  3. 接種後は、一旦接種費用を全額支払っていただきます。医療機関から領収書が発行されますので、後日領収書と必要なものを持って、健康課窓口にて還付請求の手続きを行ってください。被接種者本人による手続きが原則です。

※男性の対象者の場合、妻が妊婦であることを確認する必要があるため、妊娠届出書が提出されてからの接種券発行となります。(やむを得ない事情により、妊娠届出書が未提出で接種を希望される場合は健康課へご相談ください。)

6.助成の申請及び還付請求について

1.申請及び還付請求先

 橋本市保健福祉センター1階 健康課窓口

2.受付期間

 平成28年4月1日から平成29年3月31日まで

※平成29年3月31日までに接種券を発行し接種を受けていたとしても、還付手続きの時点で期間を過ぎていた場合に受付及び還付は原則行いませんので、予防接種後は早めに還付の手続きを行ってください。

3.申請に必要なもの

  1. 橋本市風しんワクチン接種緊急助成申請書兼還付請求書 
  2. 風しんワクチン接種を受けて支払ったことが明確に証明されている領収証(原本)  
  3. 2で領収証の内容が明確でない場合、医療機関の発行する予防接種済証も添付
  4. 印鑑(シャチハタは不可)
  5. 振込み先のわかるもの(金融機関の通帳等)
  6. 委任状(被接種者本人が来庁出来ない場合及び助成金の振込み先が本人名義の口座でない場合に必要です)

風しんワクチン接種緊急助成申請書兼還付請求書(様式第1号)(PDF:36.9KB)

委任状(様式第2号)(PDF:29.9KB)

7.健康被害について

今回の予防接種は、予防接種法に基づかない接種(任意接種)となります。そのため健康被害が生じた場合の救済措置は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)による救済を受けることになります。

独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)ホームページ

お問い合わせ先
橋本市 健康福祉部 健康課
〒648-8585
和歌山県橋本市東家一丁目1番1号
電話:0736-33-6111 ファクス:0736-33-1667
問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

橋本市ホームページの使い方・考え方個人情報保護ポリシーウェブアクセシビリティについて著作権・リンクサイトマップ