現在の位置

熱中症に一層のご注意を

熱中症に関しての救急搬送や、健康被害が報告されています。

8月は、野外での行事や催しなども増えてきます。熱中症に関する情報収集を行い、一層の注意をしてください。

また屋内でも熱中症を発症されるケースが見受けられますので、昼夜を問わず、家庭や職場などにおていは、熱中症に関しての予防や対策をお願いします。

 

環境省熱中症予防情報サイト http://www.wbgt.env.go.jp/(暑さ指数情報)

 

熱中症とは

高温多湿な環境の下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体内の調整機能がうまく働かないことにより筋肉痛や大量の発汗、さらには吐き気などの症状が現れ、重症になると意識障害などが起こります。

気温、湿度が高いなどの環境条件と、体調が良くない、暑さに体がまだ慣れていないなどの個人の体調による影響とが重なることにより、熱中症の発症が高まります。

野外で活動しているときだけでなく、室内で特になにもしていなくても熱中症を発症し、救急搬送されたり、死亡する事例が報告されています。

熱中症の予防法

  1. こまめな水分補給・塩分補給をしよう。
  2. 扇風機やエアコンなどを使い、熱中症になりにくい室内環境にしよう。
  3. 通気性の良い、吸湿・速乾などの衣服を着用し体調に合わせた対策をしよう。
  4. 日傘や帽子の着用、こまめな休憩など外出時も注意しよう。
  5. 気象情報、熱中症情報を確認しよう。

熱中症が疑われる人を見かけたら

熱中症が疑われる人を見かけた場合や、まわりの方が発症した場合、このことが緊急事態であることをまず認識しなければなりません。重症の場合は救急車を呼ぶことはもとより、その場ですぐに体を冷やし始めることが必要です。

  1. 涼しい場所へ避難させる
  2. 衣服をゆるめ、体を冷ます
  3. 水分・塩分を与える

注意すること

暑さの感じ方は人によって異なります

  • 人間の体調や暑さに対する慣れなどが影響して、暑さに対する抵抗力(感受性)は個人によって異なります。
  • 自分の体調の変化に気をつけ、暑さの抵抗力に合わせて、万全の予防を心がけましょう。
  • のどの渇きを感じていなくてもこまめに水分補給をしたり、暑さを感じなくても扇風機やエアコンを使って温度調整をするように心がけましょう。

高齢の方、小さなお子さんには特に注意を

  • 熱中症患者のおよそ半数は高齢者(65歳以上)です。高齢者は暑さや水分不足に対する感覚機能が低下しており、暑さに対する体の調節機能も低下しています。
  • 幼児は、体温調節機能が十分発達していないため、特に注意が必要です。晴れた日は地面に近いほど気温が高くなるため、幼児は大人以上に暑い環境にいることになります。日差しの強い10時~14時くらいを避け、朝晩の涼しい時間に外出したり、水分補給はこまめにするなど心がけましょう。

熱中症情報に関するホームページ

天気予報、気象情報ほか(気象庁)

異常天候早期警戒情報(気象庁)

健康のために水を飲もう推進運動(厚生労働省)

労働者の安全と健康の確保:職場における労働衛生対策(厚生労働省)

熱中症情報(消防庁)

お問い合わせ先
橋本市 健康福祉部 健康課
〒648-8585
和歌山県橋本市東家一丁目1番1号
電話:0736-33-6111 ファクス:0736-33-1667
問い合わせフォーム

橋本市ホームページの使い方・考え方個人情報保護ポリシーウェブアクセシビリティについて著作権・リンクサイトマップ