現在の位置

橋本市コミュニティバスの概要について

バス

(中ルート・東ルート車両)

バス

(西ルート・北ルート車両)

※整備等で車両が変更になることがあります。

運行日

月曜日から土曜日

(日曜日・祝日・12月29日~1月3日は運休)

1乗車あたりの運賃 (平成28年4月1日改定)

・大人

 200円

・小人(小学生)

 100円

運賃減免について

・障がい者手帳をお持ちの方・・・半額免除
(1種:本人・介護者1人とも減免 2種:本人のみ減免)(注)

・幼児(小学生未満)・・・大人または小人同伴の場合、同伴者1人につき1人無料。

             2人目から小人運賃。幼児のみの場合は小人運賃。

・0歳児・・・無料

 

(注)身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳が対象となります。精神障害者保健福祉手帳は1・2種の記載がないため、本人のみが対象となります。

 

平成28年4月1日の運賃改定の内容については、
橋本市コミュニティバス運賃の一部改定 をご覧ください。

回数乗車券を販売しています

100円券11枚綴りの回数乗車券を1000円で販売しています。
降車の際にミシン目から切り取ってご使用ください。
回数乗車券は以下の場所で販売しています。

  • コミュニティバス車内
  • 南海りんかんバス株式会社橋本営業所

ルート・ダイヤ・停留所間の距離及び所要時間

ルート図(PDF:1.2MB)

北ルート・ダイヤ(PDF:108.2KB)

東ルート・ダイヤ(PDF:142.5KB)

中ルート・ダイヤ(PDF:149.4KB)

西ルート・ダイヤ(PDF:123.5KB)

バス停留所間の距離及び所要時間(EXCEL:68.6KB)

橋本市コミュニティバス運賃の一部改定 (平成28年4月1日から)

運賃改定の背景

橋本市コミュニティバスは、市内公共交通手段の一つとして、多くの皆様にご利用いただくために土曜日の運行、低床バスの導入、運行の増便など、さまざまな取組みを行ってきました。

特に平成23年12月から敬老バス乗車券事業や障がい者手帳(注1)による運賃の無料化によって、利用者は大幅に増加しました。

一方、利便性の向上を図った結果、現在コミュニティバスの年間運行経費は約6千万円となりました。市では、厳しい財政事情の中、利便性を維持しながら経費節減のための検討を重ねた結果、運行の継続対策の一つとして運賃の一部を改定することになりました。

運賃改定の適用日

平成28年4月1日から適用されます。

運賃改定の内容

  • 敬老バス乗車券事業を廃止し、運賃を1乗車あたり200円とします。

 (改定前:無料 → 改定後:200円)

  • 障がい者手帳(注1)による運賃を1乗車あたり半額免除とします。

 また、介護者1人についても同様とします。(注2)

 (改定前:無料 → 改定後:大人100円、小人50円)

  • 運賃の小人区分(100円)を小学生以下とします。

 (改定前:中学生以下 → 改定後:小学生以下)

 

注1:身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳が対象となります。

注2:介護者の運賃の減免は1種の場合のみ対象となります。
     なお、精神障害者保健福祉手帳は1・2種の記載がありませんので、
     本人のみが対象となります。

お問い合わせ先
橋本市 総務部 総務課
〒648-8585
和歌山県橋本市東家一丁目1番1号
電話:0736-33-1111(代) ファクス:0736-33-1665
問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

橋本市ホームページの使い方・考え方個人情報保護ポリシーウェブアクセシビリティについて著作権・リンクサイトマップ