ドライブレコーダーの映像提供協定

更新日:2018年06月28日

「橋本市公用車ドライブレコーダーの映像提供に関する協定」締結について

 橋本市と和歌山県警察(橋本警察署及びかつらぎ警察署)は、橋本市が管理する公用車にドライブレコーダーが設置・普及していることから、平成30年6月27日(水)に、「橋本市公用車ドライブレコーダーの映像提供に関する協定」を締結しました。

橋本市公用車ドライブレコーダーの映像提供に関する協定
橋本市ドライブレコーダーステッカー

目的

 橋本市では、公用車にドライブレコーダーを設置し、職員の安全運転に対する意識やマナーの向上を図ると共に、事故発生時には原因の究明や過失割合の判定に映像を利用しています。

 また、近年では、ドライブレコーダーは動く防犯カメラともいわれ、交通事故だけでなく、様々な犯罪行為の解決に役立たれていることが、広く知られるようになってきました。

 今回締結の協定により、市内の事故・事件の早期解決に向けた協力を行うと共に、犯罪等の抑止効果が見込まれるなど、橋本市の安全・安心のまちづくりの実現に寄与すると考えています。

協定に基づく協力事項

(1)犯罪又は交通事故が発生し、映像提供の依頼があった場合、公用車に設置されたドライブレコーダーの映像の提供に協力する。

(2)職員が公用車を使用中に犯罪及び交通事故に関する情報を入手したときは、遅滞なく、通報する。

お問い合わせ

橋本市 総務部 総務課
〒648-8585
和歌山県橋本市東家一丁目1番1号
電話:0736-33-1111(代) ファクス:0736-33-1665
問い合わせフォーム