橋本こども食堂

「こども食堂」開設などの支援を行うために、クラウドファンディングを実施します!

 全国の自治体が共通して抱える課題に対し、複数自治体が連携して寄付を募る広域連携ガバメントクラウドファンディングの一つとして「子ども支援プロジェクト」を平成30年11月20日(火曜日)に始動します。

 このプロジェクトは、ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を運営する株式会社トラストバンクが企画する第5弾にあたり、橋本市を始め複数の自治体が参加します。

 橋本市では、「こども食堂の開設」と「利用者の傷害保険料の補助」を中心に、市内各地に食を通じたこどもの安全な居場所としてのこども食堂開設とそれらこども食堂を利用いただく方の傷害保険料補助等の目的に使途を限定し、市内外の皆さんから幅広く寄付を募ります。

 目標額は3,000,000円とし、国連で制定した記念日「世界こどもの日」にあたる11月20日を募集開始日にし、平成31年2月末日までの101日間、寄付を呼びかけることとします。

 たくさんのご寄付をお待ちしています!

プロジェクト概要

・プロジェクト名:孤食を解消するこども食堂で、子どもたちの夢や希望を繋ぎたい!

・サイト運営会社:株式会社トラストバンク

・募集額:300万円

・期間:平成30年11月20日から平成31年2月28日(101日間)

・寄付金の使い道:こども食堂の開設と利用者の傷害保険料の補助 等

 

 こども食堂 ガバメントクラウドファンディング バナー

↑詳しくはコチラをクリック↑

プロジェクトURL:ふるさとチョイスのサイトへ

こども食堂実施団体認定について

 近年、核家族や共働き世帯が増加し、一人で食事をとる子どもたちや食事の時間が不規則で生活リズムが整わない子どもたちが少なくないことから、家庭以外の子どもの居場所を提供し、食事を通じて子どもの「食」を支える「こども食堂」の輪が全国的に広がっています。

 橋本市においても、市民の皆様のボランティアで、こども食堂開設の輪が広がってきています。

 橋本市では、こども食堂を実施してくださる団体に対し、橋本市こども食堂実施団体認定制度を設け、「調理施設を有する公共施設の使用料を免除する」支援を行っています。

※ 実施団体として認定させていただくには、いくつかの条件を満たす必要があります。下記内容をご確認ください。

こども食堂実施団体認定の条件および手続き (PDF:364.9KB)

認定要綱 (PDF:159.3KB)

様式1号 (PDF:241.4KB)   (word版) (WORD:15.4KB)

様式2号 (PDF:76.8KB)     (excel版) (EXCEL:11.8KB)

様式3号 (PDF:30.7KB)     (excel版) (EXCEL:10.5KB)

様式6号 (PDF:292.7KB)   (word版) (WORD:20.1KB)

※こども食堂に関することは、教育福祉連携推進室(TEL 33-3010)までお問い合わせください。

 

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

橋本市ホームページの使い方・考え方個人情報保護ポリシーウェブアクセシビリティについて著作権・リンクサイトマップ