警戒レベルによる避難情報の発信をはじめます

警戒レベルによる避難情報の発信について

 平成30年7月豪雨の教訓を踏まえ、内閣府は平成31年3月「避難勧告等に関するガイドライン」を改訂しました。

 ガイドラインでは、住民が「自らの命は自らが守る」意識を持ち、自らの判断で避難行動がとれるよう、市が出す避難情報と、国、都道府県が出す防災気象情報を 5段階の「警戒レベル」に整理しました。

警戒レベルによる避難情報の運用について

令和元年6月10日より、警戒レベルを用いた避難情報等の運用を開始します。  

警戒レベル とるべき行動 避難情報等
警戒レベル5

既に災害が発生している状況です。

命を守るための最善の行動をとりましょう。

災害発生情報

※災害が実際に発生していることを市が把握した場合に、可能な範囲で発令。

【市が発令】

警戒レベル4(全員避難)

速やかに避難先へ避難しましょう。

公的な避難場所までの移動が危険と思われる場合は、近くの安全な場所や、自宅内のより安全な場所に避難しましょう。

避難勧告

避難指示(緊急)

【市が発令】

警戒レベル3(高齢者等は避難)

避難に時間を要する人(ご高齢の方、障害のある方、乳幼児等)とその支援者は避難をしましょう。その他の人は、避難の準備を整えましょう。

避難準備・

高齢者等避難開始

【市が発令】

警戒レベル2 避難に備え、ハザードマップ等により、自らの避難行動を確認しましょう。

洪水注意報、大雨注意報等

【気象庁が発表】

警戒レベル1 災害への心構えを高めましょう。

早期注意情報

【気象庁が発表】

 ※各種の情報は、警戒レベル1から5の順番で発表されるとは限りません。状況が急変することもあります。

お問い合わせ

橋本市 総合政策部 危機管理室
〒648-8585
和歌山県橋本市東家一丁目1番1号
電話:0736-33-6105 ファクス:0736-33-1665
問い合わせフォーム