百貨店を名乗る者からの電話に注意!

自宅に、百貨店の店員や警察官を名乗り、「あなたの預金口座が悪用されている。」と電話がかかり、言葉巧みに「あなたのお金を守ってあげる」と言い、自宅に来た者に現金やキャッシュカード等を渡してしまい被害に遭う事例が市内で起こっています。

詐欺の手口!~他に、こんなことも言われています~

・逮捕した犯人があなた名義の通帳を持っていた。預金保護のために口座からお金を全額引き出して、○○に渡して欲しい。

・あなたのキャッシュカードを勝手に使おうとしている者がいる。あなたの預金を守るために、○○がお宅に訪問するので、キャッシュカードを預け、暗証番号も教えて欲しい。

・あなたのクレジットカードが無断で使用されている。被害届を出して欲しい。

・孫の結婚費用の名目で預金を引き出して欲しい。そのあと、偽札か確認する必要があるので、訪宅した○○に渡して欲しい。

被害に遭わないために!

★このような電話がかかって来ても信用してはいけません!

★銀行協会や警察等がお金やキャッシュカード等を自宅まで預かりに来ることはありません!

★暗証番号は、決して教えてはいけません!教えると預けたカードを勝手に使い、口座からお金を引き出されてしまいます。                                                                    

はしもと・くらし応援ニュースの活用について

このような消費者被害を防ぐために、より多くの方に被害の事例を知っていただきたく、皆様にお伝えいただく際のきっかけになればと思い、下記の注意喚起チラシを作成しました。地域での見守り活動等にご活用ください。

下記のPDFから印刷いただくか、多数必要な場合は、担当課までお声がけください。

はしもと・くらし応援ニュース~2017年2月号~(PDF:487.9KB)

お問い合わせ先
橋本市 市民生活部 生活環境課
〒648-8585
和歌山県橋本市東家一丁目1番1号
電話:0736-33-1111(代) ファクス:0736-33-1665
問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

橋本市ホームページの使い方・考え方個人情報保護ポリシーウェブアクセシビリティについて著作権・リンクサイトマップ