中心市街地第一地区土地区画整理事業の事業計画変更

事業及び施行者の名称

事業の名称

橋本都市計画事業中心市街地第一地区土地区画整理事業

施行者の名称

橋本市

施行地区

 中心市街地第一地区は、JR和歌山線と南海高野線が相互乗り入れする橋本駅前にあり、市役所など行政施設の中心部から東へ700メートルに位置しています。東を「市道」、南及び西は一級河川「紀の川」と「橋本川」、北を都市計画道路「駅前寺脇線」及び「国道24号」を境とする面積5.1ヘクタールの区域です。

事業計画の変更(施行地区の縮小)

 本地区は、平成8年に地区面積7.1ヘクタールで事業認可を受け事業を進めてきました。しかし、市財政状況の悪化により市のすべての事業を対象に抜本的な見直し検討が必要となり、平成28年度からは「財政健全化計画」による取り組みも開始しています。土地区画整理事業についても従来の進め方では投資できる財源の目途が立たないことから、整備内容の抜本的見直しによる事業費の縮減や新たな国費活用など、あらゆる検討を重ねましたが、効果的な打開策には至らず、施行地区を縮小せざるを得ない方針となりました。その後、市議会、地元関係団体、地元住民などへの説明、また、国土交通省や事業認可者である和歌山県との協議を経て、平成29年10月に地区面積5.1ヘクタールに縮小するすべての手続きが完了しました

変更後の施行地区区域図(設計図)

施行地区区域図(見直し後)

変更後の施行地区区域図(設計図)(PDF:2.7MB)

変更前の施行地区区域図(設計図)

施行地区区域図(見直し前)

変更前の施行地区区域図(設計図)(PDF:1.3MB)

 施行地区縮小における取り組み(地元対応など)は、区画整理だよりの77号から79号を参照願います。

 

区画整理だより

施行期間

 平成8年12月10日~平成35年3月31日

 

事業費

歳出

区  分 変更後の金額 変更前の金額
工事費 2,012百万円 2,947百万円
補償費 7,156百万円 10,422百万円
その他 237百万円 237百万円
合 計 9,405百万円 13,606百万円

歳入

区  分 変更後の金額

変更前の金額 備  考
国費等 2,394百万円 3,546百万円  
市 費 4,233百万円 7,282百万円  
公共施設管理者負担金 2,778百万円 2,778百万円 国道24号拡幅に伴う国の負担
合 計    9,405百万円 13,606百万円  

 ※施行地区の縮小に伴い、事業費が約42億円削減となりました。また、平成28年度末の執行済額は、約93億円です。

 

お問い合わせ先
橋本市 建設部 市街地整備課
〒648-8585
和歌山県橋本市東家一丁目1番1号
電話:0736-34-1235 ファクス:0736-33-1665
問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

橋本市ホームページの使い方・考え方個人情報保護ポリシーウェブアクセシビリティについて著作権・リンクサイトマップ