特定健診・特定保健指導

特定健診・特定保健指導は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した生活習慣病を予防するための制度で、平成20年4月から実施しています。

これらは、生活習慣病の発症リスクや総合的な健康状態を知るチャンスでもあります。まずは年に一度の健診を受けることからはじめ、これからの健康管理にお役立てください。健康は、自分のため!家族のため!!

メタボリックシンドロームとは

内臓に脂肪が蓄積する「内臓脂肪型肥満」(腹囲:男性85センチメートル以上、女性90センチメートル以上)に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうちいずれか2つ以上をあわせ持っている状態を言います。

現在、予備群も含めると該当者は、40歳~74歳の男性の2人に1人、女性の5人に1人と言われています。

metabo2

生活習慣病の主な発症リスク

  • 肥満
  • 高血圧
  • 脂質異常症
  • 糖尿病
  • 肝機能障害
  • 腎機能障害
  • 貧血・痛風・心臓病など

特定健診(特定健康診査)について

対象となる方

対象者・・・40歳から74歳までの橋本市国民健康保険の加入者

※国民健康保険の資格を喪失(他の社会保険に加入など)された方は、この特定健診は受診できません。健診はご加入されている医療保険者が実施しますので、詳しくはご加入の医療保険者や、お勤め先にお問合せください。

実施期間

4月1日~12月31日

実施(検査)項目

橋本市が実施する特定健診の検査項目は、以下のとおりです。

検査区分 検査項目
診察 問診、医師診察
身体計測 身長、体重(BMI)、腹囲(へそまわり)
血圧測定 収縮期血圧、拡張期血圧
血液検査 脂質・肝機能・血糖検査、貧血・腎機能・尿酸検査など
尿検査 尿糖、尿たんぱく
心機能 心電図

健診の際に必要なもの

  1. 特定健康診査受診券
  2. 国民健康保険被保険者証
  3. 健診費用(自己負担金)500円

実施(健診)方法

保健福祉センターなどで実施する集団健診、またはお近くの実施医療機関で受診してください。日程や場所については下記のファイルでご確認ください。

平成30年度 集団検診のお知らせ

平成30年度 健康カレンダー

特定保健指導について

問診内容と特定健診の結果から、生活習慣病の発生リスクが高い方に対し、保健師・管理栄養士などの専門職員が、生活習慣を改善するためのサポートを行います。

具体的には、保健福祉センターを中心として、次の支援に取り組んでいきますが、該当される方については、健診結果に応じて支援内容を決定し、保健指導の利用券発行や、実施医療機関の医師から案内をさせていただきます。

hokenshi2

 メタボのリスクが出てきた方は・・・「動機付け支援」

橋本市では、初回の教室としてオリエンテーションに参加し、「健診結果の振り返り」と「生活習慣の見直し」を行います。それを踏まえ、保健師・管理栄養士などと面接を行い、今後の生活習慣を見直す計画を立てます。その後、運動教室や栄養教室などで、実際に生活習慣改善のコツを学んでいただきます。6ヵ月の取り組みを続けていただき、最後には取り組みの評価をさせていただきます。

 メタボのリスクが高い方は・・・「積極的支援」

動機づけ支援と同様にオリエンテーションから始めて行きますが、今後の生活習慣を改善にむけた支援を3ヵ月以上実施します。その後、同様に6ヵ月の取り組みを続けていただき、最後には取り組みの評価をさせていただきます。なお、実施途中に中間評価として、これまでの取り組みの経過と成果を確認させていただく機会を設けています。

お問い合わせ先
橋本市 健康福祉部 健康課
〒648-8585
和歌山県橋本市東家一丁目1番1号
電話:0736-33-6111 ファクス:0736-33-1667
問い合わせフォーム

橋本市ホームページの使い方・考え方個人情報保護ポリシーウェブアクセシビリティについて著作権・リンクサイトマップ