現在の位置

平成29年度 肝炎ウイルス検診について

ウイルス性肝炎は国内最大の感染症で、肝炎ウイルスに感染している人は300万人~370万人にのぼると推計されています。

しかし、その7割の人は自分が感染していることに気づいていないと考えられています。肝炎ウイルスに感染していても、肝臓は「沈黙の臓器」と称されるように自覚症状がないため、肝硬変や肝がんに進行している人が少なくありません。

次のとおり、対象となる方は、ぜひ今のうちに受診しておきましょう。

なお、今年度に40歳になられる人につきましては、4月に案内と受診券を郵送しています。

saiketu1

平成29年度の対象となる人

  1. 今年度40歳になられる人(昭和52年4月1日~昭和53年3月31日生まれ)
  2. 今年度41歳以上で、過去にこの肝炎ウイルス検査に相当する検査を受けたことの無い人

検診内容および費用

  • 検診内容・・・血液検査(B型肝炎ウイルス検査、C型肝炎ウイルス検査)
  • 検診費用・・・無料

受診券の有効期限

平成30年2月28日まで

検診の受け方(流れ)

1.肝炎ウイルス検診の受診券を確認してください

検査費用は無料ですが、橋本市が発行した受診券が必要です。お持ちで無い方は健康課までご連絡ください。(健康課 33-6111)
今年度40歳になられる人については、4月に受診券を郵送しています。

2.検診の予約をしてください

実施医療機関に電話などで検査の予約を行って下さい。

※肝炎ウイルス検診のみの予約、また受診は可能ですが、血液検査のため特定健診(国民健康保険)や勤務先の健康診断がある場合は、できるだけ同時に受診されることをお勧めします。

3.検診日当日は

受診券を持参し、予約した実施医療機関で検査を受けて下さい。

4.検診の結果は

検診・検査結果については、受診された実施医療機関から本人あてに通知されます。

肝炎ウイルス検診の実施医療機関

実施医療機関は次の健康カレンダーのページをご覧ください。

平成29年度健康カレンダー

肝炎の関連情報

肝炎総合対策の推進(厚生労働省)

肝炎治療に対する医療費助成について(和歌山県)

kanzou3

お問い合わせ先
橋本市 健康福祉部 健康課
〒648-8585
和歌山県橋本市東家一丁目1番1号
電話:0736-33-6111 ファクス:0736-33-1667
問い合わせフォーム

橋本市ホームページの使い方・考え方個人情報保護ポリシーウェブアクセシビリティについて著作権・リンクサイトマップ