ふるさと名物応援宣言を行いました!

更新日:2018年03月01日

聖地高野山とともに歩んだ産業や文化、風習、暮らしの魅力を体験する「高野山麓ツーリズム」

「高野山麓ツーリズム」を橋本市の「ふるさと名物」として応援

平成30年3月1日、市では中小企業による地域産業資源を活用した事業活動の促進に関する法律に基づき、「ふるさと名物応援宣言」を行いました。

「聖地高野山とともに歩んだ産業や文化、風習、暮らしの魅力を体験する『高野山麓ツーリズム』」と題して、高野参詣道「黒河道」、「金剛生駒紀泉国定公園」「柿の葉寿司」「パイル織物」「紀州へら竿」などの地域資源を活用した中小企業の取り組みを、地域を挙げて応援していきます。

「ふるさと名物応援宣言」とは

中小企業地域資源活用促進法に基づく制度で、地域経済の活性化を目的としています。市が地域を挙げて支援を行う「ふるさと名物」を特定し、応援宣言することで「地域ブランド」をつくり、地域経済の強化を図るものです。

「ふるさと名物応援宣言」の概要

 和歌山県橋本市は、和歌山の東北端にあって、紀伊半島のほぼ中央に位置します。東西には貫流する紀の川の恵み、北には大阪都市圏が控え、南には聖地高野山を望むという地勢をもち、歴史的に、通商と参詣の要衝として発展してきました。

 本宣言は、「高野山麓ツーリズム」として、こうした多種多様な地域資源を活用する中小企業の取り組みを支援していくものです。

「高野山麓ツーリズム」の「ふるさと名物応援宣言」について(平成30年3月1日)

宣言することのメリット

○国の「ふるさと名物応援事業」(事業者に対する補助金)への優先採択

○中小企業庁の「ふるさとプロデューサー」を講師として地域産品のブランド化を推進する人材育成研修への優先参加

○中小企業庁のポータルサイト「ミラサポ」を通じた情報発信による「ふるさと名物」の認知度アップ

ふるさと名物応援宣言内容

ふるさと名物応援宣言「『高野山麓ツーリズム』~聖地高野山とともに歩んだ産業や文化、風習、暮らしの魅力を体験する~」 (PDF:2.9MB)

お問い合わせ

橋本市 経済推進部 シティセールス推進課
〒648-8585
和歌山県橋本市東家一丁目1番1号
電話:0736-33-1111(代) ファクス:0736-33-1665
問い合わせフォーム